ここで働きたいをつくる

【転職成功ガイド】  50代のリアルな転職事情 アイキャッチ画像

    2017年05月01日 更新

    【転職成功ガイド】 50代のリアルな転職事情

     50代の転職は、多くの困難が予想される。人件費や定年の制限から、50代向けの求人が激減してしまうことが主な原因だ。しかし、そうした状況を理解した上で転職に踏み出す人もいるだろう。その際に大切なことは、自分自身を見直しつつ、根気強く転職活動を続けることだ。ここでは、50代での転職活動を成功させるためのポイントを紹介していきたい。

    目次

    • 50代のリアルな転職事情
    • 50代の転職活動の進め方
    • 50代での転職成功ポイント
    • 50代にオススメの転職サイト・転職エージェント

    50代のリアルな転職事情

    50代での転職の難しさ

     転職活動を考えている人は、さまざまな理由があって新しい会社に入社したいと考えているだろう。50代の転職者にとって、これまで長く築き上げてきたキャリアを変更し、環境を一新するというのは勇気がいることだ。


     50代で転職する際は、まず「自分がなぜ転職したいのか」をきちんと見直す必要がある。50代での転職活動は他の年代に比べて求人が激減するため、転職先の会社を見つけるのに苦戦する人も少なくない。50代はキャリアが長いことから、「新しい仕事への順応が難しい」「定年が近い」という点を考慮されてしまい、求人が減ってしまうのだ。

     もしも給料や地位などの待遇面が理由で転職を考えているのであれば、できるだけ転職せずに今の会社で頑張ることが、結果的にいい選択になることも多い。50代で転職を行なう場合、やむをえない理由やどうしても挑戦したいことがあるなど、強い意志を持った上で行っていただきたい。

    50代は年収のピーク

     先述の通り、50代での転職は求人が激減し、多くの場合苦戦することとなる。一般的な企業では、40代〜50代の社員が多くの給料を受け取っているため、企業側からすると50代の人材採用はハードルが高いのだ。


     そのため、50代での転職理由が「年収への不満」である場合、あまり得策ではないと考えられる。50代で受け取っている給料はピークであることが多いため、待遇面を重視する場合はなおさら今の会社で粘り、キャリアアップを図ったほうがいいだろう。

    50代は能力や適性を求められる

     50代の転職者は、他の年代の転職者よりも高い能力や適性・経験が求められることになる。企業側も多くの給料を支払い人材を雇うため、それ相応の能力が必要となってくるのだ。50代の転職者は求人数が少ないことを念頭に置きつつ、自分のスキルを活かせる仕事場を探す努力を続けなければならないだろう。

    50代転職者の平均転職期間

     人材紹介会社集合サイト『エン転職コンサルタント』の『転職活動期間に関する調査』によると、3ヶ月以内に転職活動が終わる人の割合は、 20代が9割、30代が8割、40代が6割、50代が3割となっている。


     この結果から、50代で転職活動が3ヶ月以内に終わる人は3割にまで落ち込んでしまうことがわかる。50代の転職者は、新しい職場がすぐに見つかるわけではなく、長期戦になることを覚悟して行う必要があるといえるだろう。

    50代の転職活動の進め方

     50代での転職は、転職活動が長期的になることを視野に入れた上で計画を立てていただきたい。また50代の場合、転職活動を進めること自体も大変な負担となってしまうことだろう。現職の仕事を通常通りこなしつつ、長期にわたって転職先を探していく作業は、体力的にも時間的にも困難なことである。このことからも、転職活動を一気に行うのではなく、計画的に、かつ焦ることなく進めていくことを心がけるといいだろう。

     以下で、50代向けの「転職活動の進めか方」をご紹介する。

    1:転職サイト・転職エージェントを利用する

     過去に転職活動をした経験のない人はもちろん、慣れている人も転職エージェントや転職サイトの利用は不可欠である。  

     転職エージェントは、転職者が求める転職先の情報を多く持っており、専門性の高いキャリアコンサルタントが所属している。豊富な情報をもとに転職者にアドバイスを行ったり、面接などの練習、転職の相談など転職全般をサポートしてくれる存在だ。

     転職サイトはより多くの求人情報を掲載しており、50代向けの求人を探すのに適している。また、最近では「スカウト機能」が設けられている転職サイトもあるため、効率的に転職活動を進めるために利用するのも手だろう。

    2:改めて自己分析・志望動機を確認

     50代ともなれば「自分のことについては理解している」と思うかもしれないが、企業とのマッチング精度を高めるためには自己分析を行ったり、志望動機を考え直す時間が必要だ。

     求人を見つけた際は、記載情報などをしっかりと確認し、自分の能力と照らし合わせた上で転職活動に進むか否かを考えるといいだろう。志望動機は企業の特徴と自分の能力や興味を合わせて考えていくものだが、それだけでなく「どのような人材を求めているか」ということを分析する必要がある。

     そして、その企業が求めている人材に自分がマッチしているということを志望動機に加えてアピールすると効果的だ。自己PRだけでなく、志望動機でも存分に自分をアピールしていきたい。

    50代での転職成功ポイント

     50代で転職を成功させた人の特徴として、「辞めたとしても、他の企業からオファーがくるような専門スキルや経験を持つ人」「前職で役職があった人」「これまでの実績が優れており・現在通用する能力もある」といった項目が挙げられる。50代の転職は企業が求めるスキルや能力のハードルが高いということだ。
      
      ただそれだけでは、50代の転職を効率的に・きちんと成功させるのには不十分だ。そのため、さらに踏み込んだ50代からの転職活動の成功するためのポイントを紹介する。

    1:転職コンサルタントをうまく利用する

     転職活動をするのが初めてという人にとって、求人活動は過去行った新卒採用の経験しかないだろう。書類などの選考や面接といったことに慣れていないため、対策は十分に行っていただきたい。久々の面接を受ける前に、転職コンサルタントに相談しアドバイスをもらっておくといいだろう。

     書類選考の文章は他者に添削してもらうことで格段に読みやすくなり、面接は練習することで自信がつくはずだ。求人が少ない中で手に入れた選考のチャンスを確実にものにするためにも、さまざまな手段を使って対策をしよう。

    2:採用条件をしっかりと確認する  

     晴れて新しい企業への入社が決まり、転職活動を終えたとしても、配属された役職・ポジションに不満が出てしまうこともある。以前は良い地位についていたものが、転職先では前職よりポジションダウンしてしまうことがあるからだ。

     このような齟齬を防ぐために、転職する前に企業の採用条件をよく確認していただきたい。募集要項はもちろん、選考を進める中で面接官や採用担当者に直接確認することをオススメする。

      また、役職やポストにつられて転職してしまった場合、入社後に「こんなはずじゃなかった」「前の職場に戻りたい」と思っても手遅れになってしまう。条件だけにとらわれるのではなく、「自分はこの環境で活躍できるか」「転職の目的とマッチングしているか」「企業にはどんな意図があるのか」まで考えておくといいだろう。

    50代にオススメの転職サイト・転職エージェント

    1:リクナビNEXT

      「リクナビNEXT」は代表的な転職サイトであり、外せないサイトの一つだ。情報量が豊富で、かつ職種や業界が多岐に渡っている。また先ほど触れた「スカウトシステム」もあるため、効率的に転職活動を進められるだろう。

    2:ビズリーチ

      「ビズリーチ」は一般的な転職サイトとは少し異なる「会員制転職サイト」である。高年収層や即戦力を持つ人にフォーカスを当てているのが特長だ。会員制のため、一般的な転職サイトにはないような求人を扱っていることもある。自分の能力を生かしたい人や、やりたいことが明確に決まっている人にオススメしたい。

    3:リクルートエージェント

     こちらも「リクナビNEXT」と同じく、転職成功実績ナンバーワンのリクルートグループが提供する転職エージェントだ。「リクルートエージェント」は、転職に詳しいアドバイザーが転職活動全般をサポートしてくれる。全国に対応しているため、誰でも利用することが可能だ。 

    最後に

     50代の転職は長期戦になる傾向があるため、苦労する点も多いだろう。「転職先が決まらなかったらどうしよう」と悩んでしまうこともあると思うが、焦らず冷静に、根気よく続けていただきたい。転職エージェントなども相談に乗ってくれるため、頼ってみるのも効率的だ。「自分らしく働ける環境」に進むためにも、しっかりと事前準備を行った上で転職活動に踏み切っていただきたい。