ここで働きたいをつくる

    2017年05月15日 更新

    【転職成功ガイド】 第一印象を上げる女性の服装マナー

     転職活動を始め、面接に向かう際に頭を悩ませるのが服装である。就職活動をしていた頃の服装マナーと、社会人になってから行う転職面接の服装マナーはやや異なる。とくに女性の場合、一口にスーツといってもさまざまな種類があることに加え、髪型やメイクにも注意する必要があるだろう。ここでは、転職活動を成功させるために「面接官に好印象を与えるポイント」について紹介していきたい。

    目次

    • 転職面接で抑えておきたいスーツのマナー
    • 転職面接で抑えておきたい髪型のマナー
    • ここに注意!見落としがちなNGポイント

    転職面接で抑えておきたいスーツのマナー

    面接官に清潔感を与える着こなしがポイント

     転職面接における服装は、面接官の第一印象を大きく左右する。とくに欠かせないのが「清潔感」である。爽やかかつしっかりとした着こなしをすることで、好印象で面接をスタートすることができるだろう。

     勤務時の服装規定がない会社もあるが、まず面接突破のためには好印象を与える着こなしをするのがよい。だらしない服装は避け、清潔で健康的に見えるようにしたい。面接官はどのような人かわからないため、どの年代の人にも受け入れられる服装を意識すると外さないだろう。

    基本的な女性のスーツ着用マナーとは

    面接前にチェック!女性のスーツ着用マナー

    • スーツ

      派手すぎず、シンプルで清潔感のあるデザインを選ぶとよい。リクルートスーツは避けることをオススメする。色は黒や紺、グレーが合わせやすいだろう。ボタンは必ず留めること。(三つボタンなら真ん中のみ、二つボタンなら上のみ)
    • インナー

      ブラウスやシャツ、カットソーなどから選ぶとよい。顔映りがよくなり、爽やかな印象となる白色のものをオススメする。女性にとって面接向きのインナーである
    • アンダーウエア

      インナーに透けて見えてしまう恐れがあるため、目立たない色のキャミソールなどをインナーの下に着用しよう。悪目立ちすることのない白色や肌色を推奨する
    • パンツ

      パンツスーツの場合、はつらつとした仕事のできる印象を与えられる。営業職や活発に動く必要のある職種を志望する場合は、パンツを選ぶのもよい。その際はベルトを着用し、インナーがパンツからはみ出てくるのを防ごう
    • スカート

      一般的にスカートは華やかで女性らしい印象を与えるため、スカートはどの人にも好印象を与えられるだろう。スカートの丈は、立った時にヒザが隠れる程度の長さが適切だ。(イスに座った時にヒザ上5cm以内)極端なスリットが入ったものや、フレアスカートは避けたほうが無難


    • ジャケットの袖丈は、親指の付け根あたりがベストだ。その際ジャケットの袖からインナーが出ないように注意しよう
    • ストッキング

      自分の肌の色に近い無地のベージュが適切である。装飾の入ったものや厚手のタイツは、面接の場には合わないため避けたほうがよい


    • 装飾のない、黒のシンプルなパンプスがオススメだ。5cm程度のヒールであれば、歩きやすく、かつ魅力的な足元にすることができる。汚れや傷がある場合は面接前にケアをしよう。またスニーカーやピンヒール、サンダルやミュールは不適切である
    • 時計

      転職活動の面接の場合は、使う使わないに関わらず時計を着用するとよい。黒や茶色、ベージュや白、シルバーなどの時計であれば、スーツに合うだろう。カジュアルすぎる時計や、反対にあまりに高価すぎる時計は突っ込まれる恐れがある
    • カバン

      書類をそのままの形で収納するため、A4サイズの黒のビジネスバッグが適切だ。カバンを床に置いた際に倒れないような形がオススメである

    夏場でも原則ジャケット着用

     夏の転職活動は暑さとの戦いである。最近はクールビズを実施している企業が増加しているが、転職者であればジャケットを着用することをオススメする。自身の意欲を表すためにも、ビジネスの場においては正装で臨みたい。

     もちろん暑さの影響で体調を崩してしまっては元も子もないため、面接会場の会社に入るまでは脱いでいてもいいだろう。女性であれば目元やファンデーションのメイク崩れも気になるため、早めに会場付近に到着し、お手洗いなどでジャケット着用・身なりの最終チェックを行うと安心だ。面接の前にしっかりと準備をし、爽やかで清潔な状態で入室しよう。

    冬場はコートの置き方に注意

     冬に転職活動をする際は、寒さが厳しく感じるだろう。少しでも暖かくするためにコートを着用すると思うが、その際のコートにも注意したい。ダウンジャケットやジャンパー、派手な色味のコートは避け、トレンチコートやチェスターコートなど、スーツに合うコートを選ぶべきだ。色は黒やベージュ、紺やグレーといったものを選び、フォーマルな印象に仕上げたい。

     面接の際、コートは受付を済ませる前に脱いでおくのがマナーである。そして二つ折りにして片手に掛けて持ち、面接室に入った際は背もたれに掛けておくか、立てた鞄の上にそっと畳んで置く。椅子の背もたれにハンガーのように掛けるのはマナー違反のため注意する必要がある。

     帰る際も同じく、会社を出て面接官が見えなくなってからコートを着用しよう。冬の場合はコートなどで荷物がかさばるが、最後まで気を抜かずに転職面接をやり切りたい。

    転職面接で抑えておきたい髪型のマナー

    顔の表情がよく見えることが大切

     髪型については、自分の表情が面接官によく見えるようにしておくといいだろう。また清潔感のない髪型は避ける必要がある。必ず櫛で梳かし、さらさらな状態にしておこう。

     お辞儀をした際に髪の毛が顔に掛かってしまうようであれば、低めのポニーテールで結ぶのが無難である。また、スーツの前襟が髪で隠れたり、面接官と話している最中に髪の毛が気になるのであれば結んだほうがいいだろう。前髪も目に掛かってしまう場合、ピンなどで留めるのをオススメする。

    髪色で失敗しない色はやはり黒

     髪色は女性によってさまざまだと思うが、老若男女誰にでも好印象な色は黒である。選ぶ業界や職種にもよるが、明るすぎる髪色は避けるべきだ。黒色にする時間がなかったり、どうしても自分と合わない場合は、派手でないダークブラウンであれば大丈夫な場合もある。事前に自分で情報を集め、確認しておくといいだろう。余裕があれば、一時的にでも黒色に染めておくのが一番安心だ。

    ここに注意! 見落としがちなNGポイント

    自分からは見えにくいスーツのシワ

     転職面接は、現在勤めている会社の仕事が終わった後に行うことがある。その際に気をつけたいのは、自分からは見えにくいスーツのシワだ。とくに女性のスーツはタイトな作りになっているため、背中や肘、膝裏などにシワができることがある。面接の前には鏡で確認をすることをオススメする。

     シワがあった際は、アイロンをかけるなど手入れを行うといいだろう。出勤後などで手入れすることが難しい場合は、面接用の服を用意し面接前に着替えるのも手だ。

    派手でないか? 靴やカバンもチェック

     スーツのジャケットやインナーなど、過度な装飾は避けるべきだ。フリルや柄などが入ったものではなく、無地のシンプルなデザインを積極的に選ぼう。

     また、靴や鞄の装飾は見落としがちなため注意が必要だ。パンプスに過度な装飾が付いていないか、カバンのデザインは本当に適切か、きちんと確認しておくといいだろう。

    逆に悪印象となる女性の香水

     日常的に香水などをつける女性も多いだろう。しかしビジネスの場においては原則香水をつけることはマナー違反となっている。爽やかな香りや、華やかな匂いであっても、つけるべきでないとされている。

     いい匂いと感じるかどうかは個人差がある上、強い香りは相手の体調にも影響する場合がある。香水の香りではなく、着用する衣服を清潔にしたり、髪型をきちんとすることに注力したい。

    最後に

     転職活動において、面接は採用を左右する大事な局面である。その大切な転職面接を失敗させないため、身だしなみを整えることは誰にでも必要なことだ。面接会場に入室した瞬間から、面接官のあなたへの評価は決まっていく。

     身だしなみに気をつけることは、転職面接を気持ちよくスタートさせることにつながる。自信を持って転職面接に臨めるよう、今一度服装マナーを確認していただきたい。